バルトレックスを処方してもらう為だけで病院まで行くのは少し手間だと思いませんか?他にも入手方法があるので利用してみましょう。

  • ホーム
  • かゆい症状がある性病と胎児への影響とバルトレックス

かゆい症状がある性病と胎児への影響とバルトレックス

薬を持っている人

性行為によって相手から感染する可能性のある性病、性感染症というのは、患部となっている性器やそのまわりの皮膚に病変が生じて、かゆい、痛いという生じようをもたらすのが一般的であるといえます。
特に、ありふれたウイルスでありながら、その感染力が非常に強い単純ヘルペスウイルスに感染したことによって引き起こされる性器ヘルペス感染症などは、かゆいという症状よりも、むしろ痛いというほうが先に立つものかもしれません。

この性器ヘルペス感染症にかかった場合には、性器を中心として、水ぶくれのようなものが多数出現して、そのなかに膿がたまってしまいます。
やがて下着でこすれるなどしてこの水ぶくれが破れて、さらに痛みが増大してしまいますので、病院で早期に治療を受けることが必要となってきます。

性器ヘルペス感染症にかかった場合、特に妊娠中の女性であると、胎児への影響があるのかどうかが気になるところといえます。
妊娠前に感染したのであれば、女性の側に免疫ができているので、胎児にうつるという可能性は低くなります。
もしも妊娠したあと出産の間際になってから感染したようであれば、胎児が産道を通って産まれる際に、垂直感染といって、新生児ヘルペスにかかってしまう可能性が高くなります。
こうしたことから、特に妊娠中の女性では、性器ヘルペス感染症に警戒をしておく必要があるわけです。

性器ヘルペス感染症にかかった場合には、バルトレックスのような、単純ヘルペスウイルスに対する特効薬とされる抗ウイルス剤を投与する必要があります。
バルトレックスは通常は錠剤タイプのものであり、なかには顆粒タイプや注射といったタイプもありますが、いずれもウイルス増殖を抑制して、症状を早期に改善するはたらきをもっています。

サイト内検索
人気記事一覧